医者だって人間だもの

医者の卵がお役立ち情報を提供するサイト

「PD-1」や「オプジーボ」を分かりやすく解説!【ノーベル賞】

本日(2018/10/01)、2018年のノーベル医学生理学賞に、

京都大特別教授の 本庶佑 氏が選ばれました!

 

本庶氏が発見した「PD-1」とは、一体なんでしょうか?

また、そこから生まれた「オプジーボ」って何?作用機序は?

 

今回はそれらについて、分かりやすく解説します。

 

 

PD-1とは?

 

PD-1は、分かりやすく例えると、

「がん細胞からの賄賂(わいろ)を受け取る手」

です。

免疫細胞ががん細胞から、賄賂を受け取るのをイメージしてください。

f:id:usamed:20181001231728p:plain

ヒトの体は、免疫細胞ががん細胞を見つけて攻撃するしくみがあります。

※専門的には、この免疫細胞を「CD8陽性T細胞」と呼びます。

 

しかし、がん細胞もただ黙ってやられるわけではありません。

この攻撃から逃れる方法を、いくつか持っているんですね。

 

その1つが、「PD-L1」というもの。

がん細胞の表面には、PD-L1という分子があるのですが、

これは、例えるなら賄賂(わいろ)です。

 

がん細胞が、

「これやるから、俺のこと攻撃しないでくれ!」

と、PD-L1を免疫細胞に対して差し出すわけです。

 

すると免疫細胞が、

「仕方ないなぁ、じゃあこれに免じてお前は攻撃しないでおくよ」

と、その賄賂(PD-L1)を受け取って、攻撃を止めてしまいます

その際に、その賄賂を受け取る免疫細胞の手が「PD-1なのです。

 

これにより、がん細胞は攻撃から逃れ、どんどん増えてしまうのです。

困った話ですよね。

 

 

オプジーボとは?

 

オプジーボは、

じゃあ、免疫細胞に賄賂を受け取らせなければいいのでは?

と考え、作られた薬です。

例えるなら、「ギブス」。

それも、相当ぐるぐる巻きのギブスです。

 

免疫細胞にある「賄賂を受け取る手」すなわちPD-1に対して、

ギプス(オプジーボ)をしっかり巻き付けて、使い物にならないようにします

 

そうすれば、免疫細胞は、がん細胞からの賄賂を受け取らなくなります

これにより、通常通りがん細胞をちゃんと攻撃してくれるようになります。

 

このオプジーボは、

従来の医療では治療が困難であった進行がんに対してもよく効く場合が多いです。

非常に画期的な薬なんですね。だからこそノーベル賞受賞なわけです

 

※ちなみに「オプジーボ」という名前は商品名です。

正式な名前(一般名)は「ニボルマブ」です。 

 

まとめ

 

がん細胞が免疫細胞に渡す賄賂(わいろ) → PD-L1

賄賂を受け取る免疫細胞の手 → PD-1

その手を使えなくするギブス → オプジーボ

 

いかがでしたか?

PD-1やオプジーボについて、この記事で理解して頂けたなら幸いです。